日産の国内の生産台数が大幅に減ったようです。確かに不祥事がありましたから売れ行きを含めてダメージを受けるのは間違いないと誰しもが思ったでしょう。逆にこれで平気でいて欲しくないです。

現在の工場の稼働率も4?8割ほどに留まるそうですが、逆にそんなに動いているのかという気もします。今回の生産台数の減少は10月の話なのでこれからまだ続くのは間違いないでしょう。

しかし10月の生産が13.6%減、販売は43.0%減ですからもしかしたら想像よりも大ダメージを受けているのかもしれませんね。だとしても自業自得としか言いようがありませんが。

やっちゃえ日産という決め台詞を矢沢永吉さんが最後に言うのが日産のCMでしたが、これから日産はこのやっちゃったものを取り返して、今度はちゃんといい意味でやっちゃってくれるのか、ですね。

まだまだ企業として終わった訳ではありませんから、日産以外も含め、自動車という安全性が非常に重要視される分野でこれ以上の不祥事が起きない事を願うばかりです。日本の代表的な産業でもありますしね。キレイモ キャンペーン