Month: 1月 2018

日本の国民が政治家を信頼しないのならするべきこと。

大臣の心のない発言によって全国の新聞やニュースではものすごい騒ぎになっています。政治家に国民の気持ちに寄り添う素質を求める。といったようなことがよく言われていると思います。でも、僕はそんないわゆる「国民の気持ちに寄り添えない政治家」を日本の大臣にしてしまったのはいったい誰なのだろうかと思ってしまいます。よく、大企業と政治家とのつながりはよくないといわれていますが、政治家が大企業と仲良くするのはもちろん選挙で票を入れてほしいからというほかありませんが、大企業からすれば自分の会社が少しでももうかってたくさんいる社員にお給料を支払わないといけません。自分の会社のためになる人を政治家になってもらいたく投票するのは当然の気持ちだと思います。本当に国民ひとりひとりの気持ちに寄り添った人が政治家になるということは日本人ひとりひとりの生活の質をすこし下げてしまうことになってしまいます。しかし、経済的に恵まれていなくてもしあわせだという世の中になれば、本当によい政治家というものがでてくるのではないでしょうか。要は、国民ひとりひとりの意識だと思います。

お粥を食べるようになって胃の健康力がアップ

お粥をとの夫の希望で私も夕ご飯は一緒にお粥を頂くようになりました。水かげんと炊飯器の目盛りの意味が解らない所もありとにかく水をだびだびにして炊き上げればいいかとトロトロのお粥が出来上がり、箸で食べるのが難しいくらいな時もあったりして何回か焚くうちぎりぎり箸でつまめるくらいになる水加減で安定しました。かなり前、外科手術を受けた時病院食で出たあのお粥のことを全粥というのか重湯というのか区別がつきませんがあの時は米粒がわずかに入っているだけだったと思いますが炊飯器で炊いたお粥の美味しさにはまりつつあります。コメ本来の甘みがわかり梅干しなどの漬物などなくても十分食べることが出来ます。私自身は胃の状態は健康ですが夜の食事が胃に軽くなったことで朝起きた時、とてもすっきりして楽です。何十年も酷使し続けた胃袋さんも最近の変化に喜んでいるかも知れません。夫の食事の管理で一緒に食べるとろりとしたお粥で健康生活です。http://www.jinghonghj.com/